知識が全くないwebエンジニアが米国株に関して色々書きます。

宝くじは貧乏人の税金と言われるのは何故か

宝くじの還元率は45.7%

2017年11月18日宝くじは貧乏人の税金と言われるのは何故か

総務省に宝くじの還元率に関しての資料があります。これを見ると宝くじの還元率、つまり宝くじの購入金額に対して当選金はいくら払い戻されているのかが記載されています。

冒頭に書いてしまっておりますが…なんと宝くじの還元率は45.7%!つまり例えば1000円宝くじを購入すると457円は当選金に充てられるわけですが、残りの54.3%…つまり543円は胴元がそのまま儲けとして取ることとなります。買った時点でもう半分弱のお金を取られてしまっているわけですね。

しかもその宝くじが当たらなければ還元された45.7%のお金も一気に還元率0%となり、他の人の手に渡ってしまうこととなります。

でもやはり億のお金は魅力的と言うことでこの還元率がすこぶる悪いくじを買ってしまう…還元されなければ税金と同じと言うことですね。もちろん当たれば凄まじい儲けですが億が当たる確率は数千万分の1です。

さて、ではたぱぞうさんもオススメのETFであるVTIの経費率=信託報酬=宝くじで言う胴元の取り分を見てみましょう。

その取り分0.04%です。つまり仮にVTIを1000円買った(1000円では買えないですが)としても0.4円…4銭しか取られません。

ETFと宝くじでは性質が違うので同列に語るのは卑怯というかお門違いかもしれません。

しかし「お金を出して出したお金よりも高いリターンを求める」と言った点では同じですし胴元がお金を取らない方が購入者に対してリターンが多くなるのは必然です。

私は上記の理由から宝くじを買いません。宝くじを買うお金を貯金しておいた方が余程懸命ですし、貯めたお金で投資を行えばより良いリターンを得られる可能性が出てきます。

ぜひ私の周りもそう言う人が増えればいいなと思います。こちらのたぱぞうさんの記事もオススメです。

↓良ければ下記クリックで応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ にほんブログ村 株ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。